『葉山御用邸・一色海岸・小磯の鼻』都心に近い綺麗なビーチリゾート!|女子ひとり旅【2020年最新】

東京近場で自然に癒され解放感を味わいと思い「神奈川県葉山町」に日帰り一人旅してきました!
初めての「葉山」は想像以上に海の透明感が高くて、東京近郊で「こんな素敵な場所があったなんて!」と、驚きのあまりです♪

『伊豆・葉山駅』から一人旅スタート!

「伊豆・葉山駅」の建築は独特でとっても味わい深いデザインです。
ここから葉山一色海岸方面には、「バス2番乗り場」で『豆12葉山一色(海岸回り)行き』または『豆11葉山町福祉文化海岸行き』で約20分で行くことができます。

ポイント

『葉山女子旅きっぷ』を購入すればお得な特典が盛り沢山です!
「往復きっぷ券」+「選べるごはん券」+「選べるごほうび券」がセットになっていて、葉山マップやオススメの観光スポットも紹介しているので、購入しなくても「伊豆・葉山駅」でパンフレットをGETする事をオススメします!

【京急“葉山女子旅きっぷ”公式サイト】
https://www.keikyu.co.jp/visit/otoku/otoku_hayamagirl/

「葉山御用邸」周辺は警察官が厳重警備!

伊豆・葉山駅からバス『豆12葉山一色(海岸回り)行き』の終点で下車すると、『葉山御用邸』の真前に付きます。
驚いたのは警察官の多さと想像以上のスケール感です!

警備している警察官がいるので近寄り堅い雰囲気が有りましたが、近くに行ったら「こんにちは!」と和かに挨拶をしてくれました!
許可をいただいて葉山御用邸正門の写真を撮らせていただきました♪

「この門の中がとっても気になります(笑)」

葉山御用邸の裏側に『一色海岸』がありますので、塀沿いに歩いて行きます。
塀の高さは2m以上あるので中を覗くのは無理ですよ(笑)

一色海岸に向かう途中に、こんな素敵な風景に遭遇しました。
レトロなクラシックカーと海外のような建物は葉山でしか見られない風景かもしれません!

更に葉山御用邸の塀に沿って進むと一色海岸に通じる小道があります。
ここでも警察官とすれ違ったときに「こんにちは!」と声をかけてくれました!
治安バッチリな海岸なので安心てして楽しめますね♪

目の前に青い海が徐々に見えてくると足取りも早くなります(笑)
この、いきなり広い空間に出る瞬間は何度味わっても、たまらない一瞬ですね。

『一色海岸』はまるでプライベートビーチ!

葉山に来てよかった!オーシャーンビュー!!

期待していた以上の海の透明感と、空のコバルトブルーと海のターコイズブルーのコントラストが綺麗で普通に感動しました。

右手がピーチエリアで波も穏やかで、お子様連れでも安心して楽しめそうです。

ビーチの左手には釣り船レンタルも出来ます。
その更に奥に見えるのは『小磯の鼻』です。

『小磯の鼻』はピクニック&磯遊びスポット!

海に突き出した岩場「小磯の鼻」は、一色海岸で外せない観光スポットです!
広い芝生は海風が少し強いですが、ピクニックにはぴったりな場所です。

芝生を抜けて先に進むと一気に雰囲気が変わって、ゴツゴツした剥き出しの岩場が広がります。

自然の波で形作られた岩場の模様はもはや芸術品です!
足を滑らせないように注意が必要です。

逆に岩場の反対側(ビーチエリア方面)で、全く雰囲気が異なります。

一色海岸の透き通る海の透明感を近くで感じられます!

ここは浅い岩場が広がっているので、小さな子供も磯遊びを楽しんでました。

色褪せていますが「小磯の鼻」には赤い鳥居があります!
葉山は漁師町なので海の安全や水難事故を防いでくれる守神様との事です。

「葉山御用邸」の裏側が凄い!

小磯の鼻を通り過ぎて、御用邸の塀沿いに行くと御用邸の裏側が見られます。

葉山御用邸の正門からでは見えませんでしたが、裏手に行くと御用邸の広さを実感できます!

ここの赤い橋も写真映えスポットでしたが、ポールが設置されているので雰囲気が微妙な感じになってしまってます(泣)

橋の上から御用邸を見渡しても、内部が一切見えないのが凄いなと思いました。
また、御用邸内にはビーチが無さそうなので“絶景を独り占めしない”と、皇族方の配慮を感じました!
改めて「日本人って素晴らしい!」と勝手に感動です(笑)

あとがき

葉山御用邸と一色海岸は、都心近郊では一番ビーチが綺麗だと思いました。
夏に海水浴で期待ですが、絶対に混雑してそうです(笑)
今の時期(春)が逆に人も少なくて解放感を味わえそうです!

さて、一色海岸に後にして次は「葉山あじさい公園」に行きます。
(『伊豆・葉山』都心に近い綺麗なビーチリゾート!|女子ひとり旅part2は近日公開します。)

こちらの記事が気に入ったら「いいね!」としてくれると嬉しいです♩

合わせて読みたい記事

タイトルとURLをコピーしました