初めてのマレーシア(クアラルンプール)に!準備編③海外旅行の荷物の注意点とコンパクトにする裏技

マレーシア出発まで残り2日となったので、旅行の荷物をスーツケースに詰めています。
海外旅行に限らず旅行の荷物って詰め出すと、いつの間にか増えていく…
持って行ったのはいいけど結局使わなかったものが意外にありますよね。
でも旅行先でもやっぱり快適に過ごしたい!
そこで海外旅行の荷物の注意点とコンパクトにする裏技やおすすめの便利グッズをまとめました。

機内液体持ち込み制限に注意

今回、私がマレーシア旅行で予約した格安航空のAirAsiago(エアアジアゴー)は航空券とホテルのセットで7泊8日で約80,000円程度でしたが、スーツケースを預ける場合は受託手荷物料金が別でかかる!
片道20kgまでは5,300円の料金が発生します。
せっかく安く旅行の予約ができたのに…
私のスーツケース自体は機内持ち込みOKなサイズだけど、避けては通れないのが”機内液体持ち込み制限”の壁です。
なので、往路(行き)だけは受託手荷物料金を支払ってスーツケースを預けて、復路(帰り)は機内持ち込みにして節約したいと思います。
化粧水やシャンプーなどの必需品は旅行に持って行かないわけには行かないので、必要量だけミニボトルに詰め替えて旅行中に使い切ることに!

国際線の液体物の機内持ち込み制限について

液体物は100ml(g)以下の容器に入れて、ジッパーの付いた再封可能な透明プラスチック製袋に、余裕を持って入れてください。
※液体物の合計容量は1リットル以下です。
※透明のプラスチック製袋に入っていない場合は持ち込みができません。
※持ち込みできるのは一人に付き一つまでです。

かさばる洋服は圧縮袋で半分のサイズに!

圧縮する前はこんな感じです。
機内持ち込みOKのスーツケースの片側には1個しか入らないです。
洋服の内容は、ワンピース×2・水着×1・ズボン×2・Tシャツ×2・カーディガン×1・インナーなどです。

⬆︎圧縮前
(洋服の圧縮袋とトラベル用のピンクのメッシュケースはダイソーで100円)

⬆️圧縮後
掃除機を使わなくても、ここまで圧縮できる!
旅行先には掃除機がないので手で押してちゃんと空気が抜けるのは大事。

スーツケースにぴったり格納!
洋服との隙間にはサンダルや小物を挟んでデッドスペースをなるべく排除。

旅行先で洗濯する裏技!

私が予約した宿泊先は「ホステル」という低価格で宿泊できる施設で、2段ベッドで素泊まりできる部屋から一般的なホテルのような部屋まであります。
私の部屋は50m2の広々で、ミニキッチン・バルコニー・クイーンサイズのベッドと充実の設備があるのに、洗濯乾燥機が付いていない!
キッチン付きのホステルにはドラム式洗濯乾燥機が付いていることが多いけど、今回はそれ確認し忘れた…
でも「ランドリー施設」が付いているので問題ないです。
洗濯ができるということは洋服を少なめにして荷物を減らせる!
なるべく節約をしたいので洗剤も必要分を持って行きます。

粉洗剤や液体洗剤も考えたけど、ボールドのジュエルボールなら柔軟剤も入ってる!
やっぱり”香り”と”手触り”は旅行先でも妥協したくない♩女子ですからw笑笑

あと、特に女性は下着や水着を共同ランドリーで洗うのは抵抗と思うので、折りたたみの洗濯バサミを持っていくと便利です!
コンパクトで可愛いけどダイソーなので数回使ったら壊れそうですw笑笑

これもダイソーで購入、収納ポーチにもなるし洗濯ネットにもなる便利グッズ!
厚手なので中に入れた洗濯物が外から見えないのも嬉しいポイント♩

旅行に持っていく常備薬

海外旅行で心配なのが”食事”なので、胃腸薬とストッパーがあると安心です。
一日中観光して歩き回るので、寝る前に足裏やふくらはぎに湿布を貼って寝ると、足の疲れも取れるのでオススメです!
あとは、
・絆創膏(靴擦れに)
・除菌ウエットティッシュ(必需品!)
・キューピーコーワゴールド(肉体疲労に)
・バプロンゴールド(念の為の風邪薬)
・冷却シート(熱中症予防に)
を、いつも旅行には持っていきます!

細かいものはジップロックで小分け

なるべく買わずに済むものは家から持って行って旅行中に使い切る!
朝起きてすぐ飲むコーヒーやお気に入りの紅茶、常備薬や充電コード、コンタクトレンズなどなど細かいものが意外とあるのでジップロックのSサイズが種類別の小分けできて、コンパクトでちょうど良いです♩
3日に一度は耳かきしないと気持ち悪いので個人的には必需品です。
爪切りも爪が割れやすいので念のため。
糸ようじもホテルにあるとは限らないので、必要分を持って行って使い切ります。

機内を快適に過ごす!

マレーシアまでは飛行機で約7時間かかるので、飛行機の中でもなるべく快適に過ごしたい。
特に冷え性の方におすすめなのがレッグウォーマー”、足元や腕が寒い時に両方に使えるので持っていると便利です。
また、飛行機の中は乾燥しやすいので“マスク”保湿クリーム”も持っていると良いです。
個人的に折りたたみスリッパやホテルのスリッパが好きではないので、“足つぼ付きのつま先立ちスリッパ”を持っていきます。特に、長時間座割っているなら角度があるスリッパの方が足が楽です!
あとは、熟睡するための“ネックピロー”“アイマスク”“耳栓(気圧変化の対策にも)”は欠かせないです♩

あとがき

個人的に海外旅行く行くときはスーツケースに空きがあったら醤油や味噌のカップラーメンを持っていきますが、今回は荷物でいっぱいになったので断念します。
小腹が空いた時にちょうどいいし、海外で売っているのは味が微妙に違くて日本食品が割高だったので。
スーツケースに余裕がある場合はおすすめです!

こちらの記事が気に入ったら「いいね!」としてくれると嬉しいです♩
タイトルとURLをコピーしました