News|ヘイズ(煙害)で受ける健康被害と対策について 2019.9.22

ヘイズ(煙害)とは

ヘイズ (haze)とは、気象用語で煙霧を意味する英語ですが、近年では微粒子により視界が悪くなる大気現象を総称してヘイズと呼びます。
マレーシアのヘイズは、スマトラ島で行われる野焼きや山火事によって発生する大量の煙や排気ガスが、風に乗ってマレー半島方面へ運ばれる事により、マレーシアやシンガポールが煙で覆われて深刻な大気汚染を引き起こします。

ヘイズ(煙害)の健康被害

ヘイズ(煙害)は、人体に対して深刻な被害を及ぼす危険性があります。
目・鼻・喉などの粘膜や皮膚のかゆみ、気管から肺などの呼吸器系や循環器系への健康被害が報告されています。
特に、ぜんそくや心臓疾患がある方、乳幼児,妊婦及び高齢者は要注意です。
2015年には、インドネシアなどで子供を含む21人の死亡が確認されています。

ヘイズ(煙害)の対策

・なるべく外出を控える
・マスク(N95規格)を着用する
➡︎PM2.5などを含むヘイズ対策としては、N95・DS2規格を合格した微粒子(防じん)用マスクです。紙マスクや一般的な風邪予防ようなマスクでは、ほとんど役に立ちません。
・空気清浄機・加湿器などの使用する
・帰宅後のシャワー・着替える
➡︎外出から帰宅後は、すぐにシャワーで頭・体を洗い、室内に有害な物質を持ち込まないこと大切です。
・水分補給をこまめにする
・手洗い・うがい
・禁煙・禁酒する

N95・DS2規格√

N95規格とは、米国労働安全衛生研究所(NIOSH )が制定した、呼吸器防護具の規格基準です。
「N 」(not resistant to oil )耐油性なしを表し、「95」は試験粒子を95%以上捕集できることを表しています。
DS2マスクでもN95規格相当の能力を持つとされており、日本では、DS2が国家検定の規格に合格したマスクになります。

こちらの記事が気に入ったら「いいね!」としてくれると嬉しいです♩

<ヘイズ(煙害)の関連記事>


お役立ち情報
■マレーシアNEWS一覧

マレーシア初心者ならではの視点から最新のニュースや情報を配信します。

タイトルとURLをコピーしました